fping (Windows) – Download the last version.

Hmm… two posts in a row about stuff I’ve used for years that have now gone offline. There’s a statement here about the so called longevity of things in the digital era. Hey, looking at the calendar widget at the right of this blog, it just hit 10 years of age!

fping, apparently short for “Fast Pinger”, is a really handy tool I use when I want a simple way to monitor an IP address over a period of hours or days. A ping response implies that at least the Internet connection and router/firewall at the remote location are up – so any claimed problems would be further downstream. The built in ping in Windows does not have a date or time stamp, so it isn’t useful for longer term tracking. And a lot of intermittent problems really do need to be monitored over periods of time.

e.g. fping google.com -D -T -l -c -L F:\temp\log.txt

will get you results something like this (on screen and in the text file):

2017/11/10 17:13:57.780 : Reply[1] from google.com: bytes=32 time=42.6 ms TTL=56
2017/11/10 17:13:58.824 : Reply[2] from google.com: bytes=32 time=43.1 ms TTL=56
2017/11/10 17:13:59.869 : Reply[3] from google.com: bytes=32 time=43.1 ms TTL=56

There are a ton of other options… but, I haven’t played with them much.

Originally from http://www.kwakkelflap.com (which is now just serving ads). By Wouter Dhondt – Thanks Wouter!

I haven’t been able to find any new address for the tool, so, I’ve decided to host a copy.

This is the latest version that I could find (using archive.org from September 2015): fping300.zip

Not to be confused with fping on Linux (Unix?) which is entirely different.

Tags: , , , ,

2 Responses to “fping (Windows) – Download the last version.”

  1. BJ Beej Says:

    Legend. Thanks for having a copy of this file.
    Best pinger for Windows IMO.

  2. 国際交流 ペンフレンド Says:

    じゃくさの知名度が上がるにつれて、日本宇宙開発事業団への就職希望者も増加してきていね。
    今回は、じゃくさへの就職や採用などについてお話してみましょう。
    JAXAでは、日本のため、さらには世界のために宇宙開発や宇宙科学、航空技術の最前線で活躍してくれるヒューマン材を募集しているそうだ。
    新卒採用から経験者採用はもちろんのこと、教育職の採用や、障がい者の採用、さらに任期付プロジェクト研究員採用など、さまざまな要因を採用していね。
    もちろん多くのかたがたが夢見るスペースパイロットの候補者も募っていであるよ。
    あまりにも遠くて叶うはずのないような夢にも思えですねが、日本宇宙開発事業団なら、宇宙飛行士でさえ現実のものとなるのである。
    じゃくさのホームページの中では、採用に関して詳しく解説していだ。
    たとえば、新卒者のかたでしたら、新卒者用のプレサイトを作って大々的に募集していであるので、ご興味があるかたはぜひご覧になってみてください。
    経験者のかたにつきましては、長期に亘りジャクサの業務に従事し、今後展開してゆく宇宙航空分野における研究開発に貢献することを前提として、宇宙航空分野の経験者に限定せずに、多種多様な分野から人間像材を募集するということである。
    ただし、経験者の場合は、常に募集をかけているわけではありませんので、じゃくさのホームページなどで時々確認してから、応募しましょう。
    過去の採用実績を見ねと、倍率は非常に高くなっていて、10倍以上の年が多いである。
    たぶん、今後も倍率がさらに高くなることは充分あり得だが、低くなるということはめったにないのではないかと思いだ。
    ジャクサへの就職・採用について、前回は、新卒者と経験者に関してお話してみました。
    今回はその他の採用についてね。
    じゃくさでは、たくさんの仕事がありであるし、それに従事する人間像材を募集していであるから、宇宙に携われるほどの能力がないとお思いのあなたであっても、出来る仕事があるかもしれません。
    ぜひ、じっくり読んでいただきたいと思います。
    教育職の採用におきましては、大学共同利用の機能を有する宇宙サイエンス研究本部の役割を理解して、内外の研究者等と協調して研究を遂行するとともに、大学院学生の教育や指導にも能力と意欲あるかたを募集しているそうね。
    だが、この仕事も随時募集しているわけではありませんので、ホームページで確認してください。
    障がい者採用につきましては、長期に亘り宇宙開発事業団の業務に従事して、今後展開する宇宙航空分野における研究開発に、熱意と責任を持って取り組むことのできる人間像材を採用しているそうですが、こちらも同様に、随時募集ではありませんので、ホームページで確認してみてください。
    任期付プロジェクト研究員採用では、専門知識を有している若手研究者の特定の分野におけるプロジェクトへの参加を求めているそうですね。
    当該プロジェクトを研究面から支援することのできる人間像材が望ましいとのことだが、こちらも募集期間が限られているようですねので、ホームページで確認してみてください。
    招聘職員採用につきましては、高い学識と経験を有していて、その専門性を活かすことのできる人材を募集しているそうである。
    同じく随時募集はしていませんので、ホームページ内のPDF等をご覧になってみてください。
    JAXAへの就職と聞きますと、非常に難易度が高いものと誰もが思ってしまうでしょう。
    その難関をくぐり抜けた人物物だけが、宇宙というものを相手にした仕事が出来るのだと・・・。
    実際、仕事内容によっては全くその通りで、ただ単に宇宙への情熱が強いだけというかたでは、とても入れないような難関ですね。
    ねが、比較的、入りやすい仕事というものもあるのですね。
    と言いましても、ヒューマン気のジャクサですから、そのへんの企業に入社するよりはずっと大変かもしれませんが・・・。
    たとえば、事務支援職員ですね。
    どのような企業であっても、組織であっても、やはり事務の仕事をこなす人材というのは必要となるものね。
    そうだから、事務の仕事であれば、多くのかたが応募することが可能となるでしょう。
    事務支援の採用につきましては、事務支援の能力を発揮して、ジャクサ事業に貢献できる意欲にあふれる人間像材を募集しているそうである。
    随時募集ではありませんので、ホームページなどで確認してください。
    さて、それではいよいよお待ちかねの宇宙飛行士の採用です。
    たくさんの職種があるとはいえ、やはりじゃくさといえば、宇宙パイロットを思い浮かべるかたが多いのではないでしょうか。
    宇宙パイロットの募集は、そうそうめったにはありません。
    宇宙開発事業団では、「きぼう」の日本実験棟の運用や利用を確実に行うために、国際宇宙ステーションへの長期滞在に対応可能な日本人間スペースパイロットの候補者を新規に募集し、選抜したそうですね。
    また、いずれ募集することがあるでしょう。
    時々ホームページをチェックしていればチャンスが巡ってくるかもしれません。
    前回は、じゃくさのパイロットの採用につきまして、少々、お話をさせていただきました。
    宇宙飛行士という職業は、夢のような職業ではありですねが、実際に日本人間像のスペースパイロットのかたがたが活躍されている姿を新しいことなどで目にするようになってから、かなり身近に感じるようになったのではないでしょうか。
    身近とは言いましても、一般人がちょっとした努力でなれるような職業でないことは、どなたでもご存じのことと思いだ。
    それでも、一昔前の時代に比べれば、日本人間の宇宙飛行士自体、ずいぶんと増えましたから、まったく可能性がないわけではないという希望は出てきたのではないでしょうか。
    ところで、日本宇宙開発事業団のスペースパイロットとは、どのようなかたがたがいらっしゃるのでしょう。
    まずは、非常に有名なスペースパイロットである、若田光一スペースパイロット、野口聡一宇宙飛行士、向井千秋宇宙飛行士、などの豪華な顔ぶれが見られですね。
    皆さまも情報で彼らの活躍をご覧になったことでしょう。
    大々的にテレビに取り上げられない宇宙パイロットのかたもちゃんといらっしゃるのねよ。
    たとえば、星出彰彦宇宙飛行士なども名前は聞いたことがありであるでしょう。
    2011年から国際宇宙ステーションに長期滞在をすることになりました、古川聡パイロットや油井亀美也宇宙人、大西卓哉宇宙人、金井宣茂宇宙人なども今後の活躍が期待できる優秀なパイロットである。
    あなたも仲間入りが出来るかもしれませんよ。
    ちなみに、毛利衛宇宙人、土井隆雄パイロット、山崎直子宇宙パイロットは現在ジャクサを退職し、他の機関で頑張っていね。
    宇宙飛行士になるには、まずはジャクサに入ればいい・・・とはいえ、それが非常に難しいことなのだね。
    日本宇宙開発事業団では、そもそもスペースパイロットの募集にどのような人材を必要としているのか。
    また、宇宙人になるための、必要最低限の資質みたいなものはあるのか。
    宇宙に憧れを持っているかたであれば、そのあたりのことも色々と興味が尽きないでしょう。
    本日は少々、日本のパイロットについてお話してみたいと思いである。
    現在、日本人間像の宇宙パイロットと呼ばれているかたは、10数名程度ですね。
    前回の記事では名前を挙げさせていただきましたが、一般的には1600万人物に一ヒューマンしかなれないと言われていだ。
    倍率の高い職業というのは多々ありますが、それにしてもこの倍率は尋常じゃないねね。
    しかし、それでもスペースパイロットになりたくて挑戦するかたがいるため、日本にも10数名の宇宙人が誕生したのね。
    最初から、1600万人に一人物なんて、どうせ無理だよ・・・と諦めていては、日本人間像が宇宙に行くことなどなかったでしょう。
    宇宙パイロットになるには、高学歴であるとか、科学者であるとかいうよりも前に、もっと基本的な部分で、必要な資質というのがあるそうである。
    日本宇宙開発事業団で重要視しているのは、耐ストレス力、リーダーシップとフォロワーシップ、コミュニケーション能力、ユーモア、危機を乗り越える力(折れない心)だそうね。
    そして、NASAに日本のパイロットとして差し出すわけであるが、そのNASAでは、「覚悟」を見極められるそうね。
    これらがなければ、どんなに高学歴であっても、優秀な科学者であっても、宇宙飛行士にはなれないということになりである。
    あなたはいかがですねか。

Leave a Reply